トップ >> コンピューターの基礎知識

設計上の影響と観点の情報

コンピューター用語を関連づける

コンピューターの用語を覚えるのはとても大変なことです。その種類はたくさんあり、しかもあまり聞きなれない用語ばかりですからね。そのため、用語は関連させて覚えるのが効果的であると言えるでしょう。CPUというのはいわゆる中央処理装置と呼ばれる、コンピューターの心臓部に当たります。そしてメモリというのはソフトやデータが動く場所です。また、そのソフトやデータを保管する場所が、ハードディスクと呼ばれる場所で、頭脳の部分であると言えます。また、基本ソフトというソフトやブラウザを「動かす」ソフトが存在します。これがないとソフトは作動しません。

ものを使用する前には基本を知る

コンピューターを活用するのであれば、ここまででご紹介しました、コンピューターの仕組みや、関連する用語をしておくと便利です。説明書でもインターネット上でも専門用語が多いので、理解に苦しまなくても良いように、関連する用語をまとめて覚えておきましょう。用語が分かれば扱い方も理解しやすくなり、パソコンの扱いに慣れることができます。パソコンを最大限に活用できるようになれば、さまざまな作業や仕事を効率よくこなすこともできますし、現代のビジネスシーンでうまく生き抜くのに役立つでしょう。ものを使用するときは、その仕組みを簡単にでもいいので知っておくと応用がきくようになるのです。