設計上の影響と観点の情報

コンピューター性能への影響

コンピューターの性能は設計上、いろんな選択での影響があります。例えば、高速小容量メモリを増やすことでスループットの性のがは向上します。しかし、レイテンシは悪化するのです。制御用コンピュータでは反応するまでの時間短縮が求められます。このようなものは時間内に処理が終わらないと問題が発生します。ハードウェアやソフトウェアなどのプログラムを実行させることで性能を測る指標がありますが、これをベンチマークと言います。これはいろんな観点から性能を測ります。しかしこれが役に立たないときがあります。ベンチマークが違えば性能も異なるのです。

重要観点である電力消費

コンピューターの設計上で最近重要視されていることと言えば、消費電力もそのひとつです。電力の消費を抑えることで、性能も低下しますし、コストもずいぶん増えます。ですので設計上でも、観点となってきました。チップの単位面積のトランジスタの数が増えることで電力の効率が注目されます。最近はCPU用のマイクロプロセッサでも電力効率の向上が観点とされています。なお、組み込み用プロセッサでは特にこれが最重要観点となっているのです。

新着情報

2016-10-19 フェイスブックで共有が更新されました。
2016-10-19 kinectはリアルが更新されました。
2015-11-28 漫画喫茶が人気の理由が追加されました。
2014-12-14 ネットカフェの食事が追加されました。
2012-10-12 コンピューター機能が追加されました。